病気で仕事を休んだとき

傷病手当金について
被保険者が病気やケガで欠勤し、給料などがもらえないとき、その間の生活費として支給されるものです。
ただし、仕事(業務)上あるいは通勤途中の事故や災害により病気やケガをしたときは、労災保険の扱いとなり、健康保険からは給付されません。
支給される期間は1年6ヶ月です。
これは、暦の上で1年6ヶ月ということですので、途中、具合がよくなって出勤した日があっても、支給開始の日から1年6ヶ月を超えた期間については支給されません。
なお、任意継続被保険者にかかる傷病手当金は支給されません。
支給されるとき
支給を受けられるのは、以下の4つのすべての条件に該当したときです。
①病気・ケガのための療養中であるとき
②療養のために仕事につけないとき
③続けて3日以上休んだとき
④給料などをもらえないとき

【支給される金額 】
傷病手当金として支給される額は、休業1日につき支給開始日の属する月以前の直近12月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2相当額です。(*1)
また、当健保組合独自の付加給付として、傷病手当金付加金が法定給付に上乗せして支給されます。(*2)
支給される額は、休業1日につき支給開始日の属する月以前の直近12月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の15分の2相当額です。(*1)
※支給金額の計算方法は平成28年4月から変更となりました。

(*1)
当健保での被保険者期間が12月間に満たない場合は次のいずれか少ない額の30分の1に相当する額の3分の2相当額(傷病手当金付加金の場合は15分の2相当額)が休業1日につき支給されます。
①支給開始日の属する月以前の継続した月の標準報酬月額を平均した額。
②支給開始日の属する年度の前年度9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額。
(*2)
傷病手当金付加金については、資格喪失後の継続給付および任意継続被保険者の方は支給対象となりません。

支給される期間
傷病手当金・傷病手当金付加金が支給される期間は、支給されることになった日から、1年6ヶ月間です。
なお、同時に厚生年金保険法による障害厚生年金(国民年金の障害基礎年金も含む)を受けられるようになったときには、傷病手当金と傷病手当金付加金の合計額のほうが高額な場合に限り、その差額が支給されます。
請求の手続き
傷病手当金・傷病手当金付加金支給請求書」に、病気療養のため働けないという医師の証明をもらい、下記の書類を添えて請求してください。
【添付書類】
①出勤簿の写し (お休みされていた期間分)
②賃金台帳の写し (お休みされていた期間分)
【申請書の提出先】
お勤めの事業所を経由して、健康保険組合へ